Plain People blog

JAPAN TRADITIONAL CRAFTS WEEK 2018



10/19()10/31()

 

プレインピープル青山

 

プレインピープル東急プラザ銀座



!cid_1667fb0ffbfe09b12a2.jpg


今年で5回目となる、JAPAN TRADITIONAL CRAFTS WEEK 2018


いよいよ10月19日金曜日より始まります。


青山、銀座を中心とするおよそ30店舗のお店が参加するJTCWに、

プレインピープルは初回より参加しています。


今年のプレインピープルの取り組みをご紹介いたします。



プレインピープル青山x山形鋳物(山形)

Img10589j.jpg


青山店では山形県の山形鋳物との取り組みです。



伝統の中にモダン美を見つけた!


平安時代より続く山形鋳物、

その伝統と技法を守りながらアートなエッセンスをプラス。

鋳心ノ工房の作る鉄器の実用的且つモダン。

それこそ一家に一つは欲しい伝統的工芸品です。

鉄瓶やグラフィカルな鍋敷きなど食卓のアクセントになる鉄器を集めました。



【山形鋳物】

平安時代より続く山形鋳物、

長い年月をかけてその伝統的技法が磨かれ受け継がれてきました。

その鉄器は肉薄で美しい肌を持つとして知られています。

江戸時代には城下町が再編され、

鋳物職人は銅町に集められます。(現在の山形市銅町)

お寺の梵鐘、茶の湯の釜なども盛んに作られてきました。

今では銅町が手狭になり山形鋳物工業団地へと移転したため

鋳物に関連したところはほぼ残っていません。


【鋳心ノ工房】

今回、取り組みをさせて頂いた

デザイナーの増田尚紀氏が代表を務める鋳心ノ工房は

今でも長い歴史を持つ市内のその銅町に工房を置き、

鋳物の制作に取り組まれています。


プレインピープル青山店店長と山形へお邪魔し、

増田さんの工房、そして同じく銅町に残る佐藤鋳造で

1600度に熱した鉄を鋳物型に流し込む鉄の溶解工程を見せて頂きました。

44154367_483577725494127_7564461736481259520_n.jpg


44129389_547772359004885_173995975633797120_n.jpg


44167181_341666676663047_3833066051763961856_n.jpg


鉄くずと砂が舞い散る中での職人さんたちの仕事ぶり、大迫力です。


その後、仕上げの工程となるおはぐろを塗り焼き付ける、

色付けの専門の職人さんの工房へも見学に行きました。

44122210_240291320178704_2772977202948472832_n.jpg



何十もの工程を経て、鋳物製品は出来上がります。


鋳心ノ工房の作る鋳物は

非常にモダンでアートなエッセンスたっぷりの鉄器です。


鋳心ノ工房ショールームの様子です。

44190262_2305002363065605_3995347353774063616_n.jpg


44304580_734789330208291_1005785515707858944_n.jpg


増田さんと青山店店長。

44104962_152017249086182_654771741414916096_n.jpgのサムネール画像


日々日常的に使いたい、素敵なので部屋に置いておきたい、

鉄瓶、ティーポット、鍋敷きなど

キッチンとダイニングを豊かにしてくれるものばかり。


是非、会期中にプレインピープル青山へ遊びにいらしてください。




プレインピープル東急プラザ銀座x砥部焼(愛媛県)

_47A0805-ok.jpg


東急プラザ銀座店は愛媛県の砥部焼との取り組みです。



用と美を体現する偉大なる雑器


松山市に程近い砥部町は二百年以上の歴史を持つ砥部焼の里。

1882年に開窯した梅山窯は砥部の戦後復興のため

民芸運動の父 柳宗悦らに指導を乞い、現代の砥部焼の礎を作りました。

白磁に呉須の染付、手作り手描きの実用工芸品の器は

私たちの生活に寄り添います。



【砥部焼】

愛媛県松山市に程近い砥部町、ここが砥部焼のふる里です。

陶器から始まった砥部焼ですが、1776年には大洲藩の組頭 杉野仗助により

砥部で取れる砥石のくずを有効利用した白磁器の焼成に成功。

技術はどんどんと発展して

明治以降は諸外国へ伊予ボウルとして輸出されるようになります。

太平洋戦争後は壊滅的ダメージを受けますが、

1953年より民芸運動、率いる柳宗悦氏、バーナード・リーチ氏に教えを乞い、

砥部焼は今の形になります。


白磁に呉須(ごす―藍色)の染付、手作り、手描きの伝統は、

今も引き継がれています。


【梅山窯】

今回取り組みをさせていただいたのは、

その砥部において一番歴史のある梅山窯さんです。


44131529_242504309721567_4578521741256556544_n.jpg


44157618_329097504524283_78300878758477824_n.jpg


素焼きのくらわんか茶碗。

44179889_243311026340530_1497676304663707648_n.jpgのサムネール画像


梅山窯さんでは、

砥部の歴史を物語る、貴重な作品や書が見られる梅山古陶資料館や、

煉瓦で形成されている大登窯が当時の姿のまま見ることができます。

44271260_542607499522466_8961797735275560960_n.jpg


砥部焼の代表的な柄の一つでもある<唐草柄>

これも実は梅山窯さん発信のオリジナル柄です。



職人さんが絵付けをする様子。全て手描きで行われています。

44118695_704027359963861_8543587462469910528_n.jpg


プレインピープル東急プラザ銀座店では、

砥部焼でも特徴的なくらわんか茶碗やそば猪口、どんぶりなど

古くから伝わる、でも今日でも新鮮な柄を集めました。

44300366_2228275600780617_3239805710975893504_n.jpg



今回は、特別に描いて頂いたコレボレーションのスプーン柄も登場します。

_MG_0098.JPG


"用の美"と言われるように、非常に実用的、

使い勝手は今の生活にもとても向いています。

食洗機にかけられる、丈夫、地厚なので

どんぶりも熱さが外に伝わりにくく、持ちやすくて保温性もあります。


是非、プレインピープル東急プラザ銀座店で実物をご覧ください。





!cid_1667fb0f812457d89281.jpg




日本の伝統工芸を身近に感じられるこの機会に

ぜひプレインピープルへお越しくださいませ!





2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ